メニュー

ぜんそくの治療

ぜんそく気管支喘息(きかんしぜんそく)は、気管支が炎症をおこす病気です。

 

発作的な呼吸困難、ゼーゼーやヒューヒューと音を立て息苦しくなる、咳、痰などの症状をおこします。

 

ぜんそくの原因は様々ですが、小児~若い方の多くは気管支にアレルギー反応が起きて発症します。

その他にも、運動、エアコンの空気、煙、薬剤、化学物質、PM2.5などの刺激物質が原因となって発症することもあります。

季節の変わり目や気圧の変化、風邪をひいたことなどが、発作のきっかけになる場合もあります。

 

いながき内科医院の院長は気管支喘息について、中学生にもわかる解説書を2002年に現代書林から出版しました。

(「アトピー・喘息・花粉症 アレルギーは自分で治そう」 

専門医が教える治療と日常生活の工夫 稲垣護 著)

 

この本は当院の待合室に常備してあり、皆様に自由に読んでいただいております。

アレルギーの病気に共通する問題解決法について、理解を深めていただいております。

いながき内科医院での治療について

気管支の炎症を主に吸入ステロイド薬を使って、コントロールしていくことが一般的です。

当院では小児や副作用が心配な方には、ステロイドを含まない吸入薬も用意してあります。

 

また、症状によっては、漢方薬、気管支拡張薬、抗アレルギー薬の飲み薬も処方いたします。

点滴を必要とすることは、めったにありません。

 

当院では花粉やハウスダスト(室内のホコリ)を皮下注射する根治療法を続けている方もいます。

(以前は減感作療法と呼ばれていました。現在はアレルゲン免疫療法という名称になりました。)

 

呼吸機能検査(肺活量測定など)や血液検査(アレルゲン検索)なども活用しております。

数値を見て、皆様に最適で副作用の少ない治療法を、おすすめしております。

 

当院の院長は、気管支喘息の診療に全力を傾けております。

咳、痰、息苦しさなど、ぜんそくの症状が疑われる場合には、ぜひ当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME